固定IPアドレスが使えるプロバイダ、格安で使えるのは2社

 大手のプロバイダでも、固定IPアドレスが使えるサービスは提供していますが、ほとんどがオプション扱い。通常のプロバイダ料金(接続料)にプラスの値段となります。つまり、フレッツ光等の光回線代金+プロバイダー料金+固定IPアドレスの代金と3つ分の料金がかかります。

 そこでおすすめしたいのが、GMOとくとくBBインターリンクの2社です。

 おすすめの理由は、ともにプロバイダー料金に固定IPアドレスがセットになっているので、一般のプロバイダーよりも格安の値段設定となっています。

 固定IPアドレスのニーズは、VPNやサーバー接続のセキュリティ強化のためだなど、ビジネスユースがメインだと思いますが、GMOとくとくBBは、ネット大手のGMOグループですし、インターリンクもビクターの系列で安心感があります。また、請求書払いなどにも対応しているところも仕事に使いやすいところ

 インターリンクには最大2ヶ月の無料おためし期間がついているので、すぐに使えるプロバイダー、ひとまず使ってみて、契約は後からというニーズにも対応します。

 複数固定IPならかもめインターネットもおすすめです。固定IPアドレスが1つのIP1は高めですが、8つのIP8は月額5,142円のみで転送量も無制限、サーバー設置などで固定IPアドレスを使う場合にも有用です。

 ちなみに格安のプロバイダーには、DIXというプロバイダーもあるのですが、こちらはネットで評判が悪いので、あまりおすすめではありません。

固定IPアドレスが使えるプロバイダ比較

固定IPアドレスが使えるプロバイダの一覧です。基本、フレッツ光、BフレッツなどNTTの回線での接続が前提になります。
それ以外の回線、AU光やソフトバンク光、eo光などについては、インターリンクのマイIPのページをごらんください。

会社名 フレッツ光
基本回線代金
固定IP1 固定IP8
GMOとくとくBB 1,188円 無料 5,799円のみ
インターリンク 1,296円 無料 5,616円のみ
かもめインターネット 3,395円 - 5,142円のみ
ASAHI NET 756円 864円 -
So-net 1,296円 +1,296円 -
ぷらら 4,860円
※初期費用5,400円
無料 17,280円
※初期費用10,800円
BIGLOBE 1,080円 +3,740円
※初期費用8,640円。法人向け
-
OCN 1,296円 +7,344円~
※法人向け
+17,064円~
Yahoo BB! 取扱いなし
au光(KDDI) 取扱いなし
ODN 取扱いなし
USEN 取扱いなし

スポンサード リンク

固定IPアドレスが必要な理由

 固定IPサービスは、グローバルIPを固定化することにより、接続元を限定するサービスで、企業向けには、VPN網の構築や、企業内サーバの構築などに、使用されてきました。

 最近では、個人でも、自宅サーバやオンラインゲームなどで、固定IPのニーズはありましたが、古くはガンブラー、最近ではwordpressのアカウントの乗っ取りなどによるサイトの改ざん問題があり、FTPサーバへのIP制限をするためという理由で注目を浴びています。

 個人でホームページを開設するために、サーバを借りている人が多いと思いますが、ウイルスに感染当すると、FTPアカウントが盗まれてしまい、サイト内容が改ざんされる危険性が生じます。
 しかし、固定IPを使い、接続元のIPを限定しておけば、かりにアカウントが盗まれた場合でも、接続できるIPは限られているわけですから、サーバのセキュリティが守られるわけです。
 もともと企業向けのサーバーでは当たり前の設備だったのですが、個人向けでも、ロリポップ、さくらインターネットをはじめとする主要レンタルサーバでも、接続元のIPを制限できる機能がついています。

 個人でもワードプレスなどのブログやホームページを公開する場合は、固定IPにより、サーバーを守るということが必要になってきています。

スポンサード リンク

Page top icon