FTPサーバへの接続を固定IPをつかってIP制限

 企業サーバでは、接続元のIPを限定することで、サーバの安全性を守ることは当たり前なのですが、個人のホームページ開設におけるサーバに関しては、対策はされていなかったかと思います。

 ただ、以前問題となったガンブラー。ワードプレスのセキュリティホール、FTPソフトの脆弱性など。FTPアカウントを盗み、勝手にサーバにアクセスして、ホームページにウイルスを埋め込むよう改ざんする被害が出ており、個人使用のサーバーでも、サーバの安全性を守ることは、必須の状況となってきています。

 まずは、ウイルスにかからないようセキュリティソフトのバージョンアップ等をすることは当たり前ですが、仮に盗まれた場合でもIP制限の設定をFTPサーバにしておけば、改ざんされるケースはかなり減ります。

 さくらインターネット、ロリポップなどの大手レンタルサーバも、サーバ内に、「.ftpaccess」というファイルを設置することで、IP制限ができるよう機能アップされてきています。

 ただ、固定IPでないと、その機能を使うことができません。
固定IPサービスを提供する格安プロバイダも最近できています。
FTPサーバへの接続のIP制限は、これからは、ホームページを運営する個人にとって、当たり前のことになってきそうです。

スポンサード リンク

FTPサーバーへの接続を安全に行うためにおすすめはマイIP

 FTPサーバーの接続をセキュアにするために、固定IPの導入を考えるのであれば、既存のプロバイダーを活かして、必要なときに固定IPアドレスを導入できるインターリンクのマイIPがおすすめです。

 マイIPなら、フレッツ光、Bフレッツじゃなくても、固定IPアドレスの環境が整いますし、例えば、出張中にホテルの回線を使ったり、wifi環境などでも利用が可能です。

 パソコンに設定を記憶させることができるので、使いたいときだけ、マイIPで接続!みたいな使い方が可能です。

→マイIPについて詳しくはこちらから

スポンサード リンク

Page top icon